「ほとんどの広告主に適していない」の表示理由 Youtubeの思惑と回避方法「一部の広告主に適していない」

この記事を見ているということは

今話題の

「ほとんどの広告主に適していない」

場合に表示される

黄色の収益化アイコン

このアイコンが出てしまい不安な気持ちになっている方ですね

動画の横に黄色いドル記号 が表示されている場合、その動画で現在広告掲載が制限されている、または広告がまったく表示されていないことを意味します。
ほとんどのブランドに適していないと判断された場合。この場合、動画に表示される広告の数が少なくなります。
広告掲載に適したコンテンツの基準を満たしていない場合。この場合、動画に広告が表示されません。
ただし、この状態でも動画は引き続き YouTube Red から定期購入による収益を得ることができます。
引用元:YouTube ヘルプ ほとんどの広告主に適していない

この件について悩むのはもう終わりにしましょう。

「ほとんどの広告主に適していない」件について
この動画を見て終わりにしましょう。

YouTube 副業無料講座 お金や時間、場所にとらわれない、 新しいライフスタイルを実現

2 件のコメント

  • これまでと収益が変わらないという次の印象操作は、ユーチューブの言葉のトリックですね。
    >>動画に広告が付かない事は以前からすでにあった
    >>広告掲載が制限されている、または広告がまったく表示されない動画を簡単に特定できるようにするため

    ユーチューブがワードやサムネイルで新たに強い規制を掛け、その規制だけでは収益が一気に減る人が目立ってくるので、強い規制と同時に動画投稿者の管理画面からも見えるようにしたと考えます。根拠としては、以前の動画で規制に掛かりそうな動画があっても無視だし、以前と同じテーマ(収益がO.K.)のナンバー2を作っただけで、広告制限となりました。つまり、現状は以前の規制よりも格段にハードルが高くなったことを意味します。
    『元々広告が制限されている、または表示されていない動画が分かりやすくなった』という説は成立しません。元々制限されていた以上に規制が厳しくなって広告制限されている状態を、動画投稿者に隠すのはまずいから、管理画面が変わったというのが結論です。

    • 広告主からの広告費は無限ではなく 有限です。
      もちろん規制されだした言葉もありますが、それも元から行っていたことですので実際に変わってはいないです。

      広告費が下がっているのは、
      1.広告主からの広告費が減った
      2.以前より動画数が増えた
      3.以前より視聴回数が減った
      などの理由が考えられます。

      黄色になる理由は、タイトル、サムネイルだけでなく、
      ・視聴者の反応
      ・どのジャンルに属するのかをAIにて判定(たぶんここがまだ不安定)
      など別の要素も判定しているのでそこが影響していそうです(^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です