スマホでGoogleカレンダーを使いこなそう!4つの小技紹介

 

無料で高機能、多数の他サービスとも連携している「Googleカレンダー」。

プライベート利用と比べて、ビジネスの場合は主にPC版を利用している方が多いように思いますが、
「Googleカレンダー」には、とても便利なスマホアプリ版があります。

今回は、スマートフォン版の「Googleカレンダー」アプリを活用するための小技を紹介します。

 

スマートフォンでの利用はブラウザ版かアプリ版か

スマートフォンで「Googleカレンダー」を使う場合は、ブラウザからもカレンダーにアクセスが可能です。

もちろんそれでも十分な機能なのですが、アプリを利用すると、より使いこなせるようになります。

というのも、スマホからのアクセスだと、ブラウザ版よりもアプリ版のほうが
パソコンと同様月間や週間の予定が確認しやすく、予定の変更やタスク管理も手軽だからです。

まだスマートフォンアプリをダウンロードしていない方は、ぜひダウンロードしてみましょう。

スマホアプリ版「Googleカレンダー」4つの小技紹介

ここからは、スマホアプリでのみ操作が可能な4つの小技を紹介します。

どれも「Googleカレンダー」をスマホアプリで利用する際に覚えておくと便利な技ばかりです。
ぜひ覚えて、使ってみてください。

画像はiphoneのものになります。

 

ドラッグ&ドロップで予定を移動

スマホ版「Googleカレンダー」では、iPhone・ Android端末ともに、
移動させたい予定をタップしたまま、ドラッグ&ドロップすれば予定が移動できます。

この操作は「1日」「3日」「週」のいずれかの表示モードで行うことができます。

  1. 移動させたい予定をタップしたまま、ドラッグ&ドロップしてください。

  2. 移動できました。

    画面下に「◯月◯日◯時に予定を移動しました」というメッセージが黒帯に乗って表示されます。

    予定を元に戻す場合は、この黒帯に表示されている「元に戻す」をタップしてください。

この操作はあくまでも「予定を移動」するためのもので、
時間数や予定内容そのものを編集する場合は、通常通りの編集作業が必要です。

Googleカレンダー アプリからマップを確認

登録済みの予定に住所情報がある場合、
「Googleマップ」アプリをインストールしていると、連携して地図の確認ができます。

  1. 予定をタップしてください。

  2. 表示された住所をタップします。

    自動的に「Googleマップ」が起動され、地図の確認ができます。

 

アカウント管理

複数のGmailアカウントを利用している場合、「Googleカレンダー」のアカウント切り替えが都度ログインなしで行えます。
(初回のログインは必要です)

  1. アプリを起動し、画面左上に表示されているメニューアイコンをタップしてください。

  2. 画面右側にメニューが表示されます。

    下部にある「設定」をタップしてください。

  3. 「設定」画面が表示されます。

    「アカウントの管理」をタップしてください。

  4. 「アカウント」画面が表示されます。

    Googleカレンダー上に表示したいアカウントをタップしてください。

    右側のボタンが青になっているアカウントが、カレンダー上に表示されているアカウントです。

  5. 追加する場合は、「別のアカウントを追加」をタップします。

  6. 必要のないアカウントを削除する場合は、右上の「編集」をタップしてください。

    削除モードに切り替わります。

ゴールの設定

「Googleカレンダー」ではタスク管理も行えます。

決まっている予定であればカレンダーに入力すればよいのですが、
タスクによっては「週に3回、1日のうち1時間ランニングする」というような、
日時指定できないものもありますよね。

そのようなタスクは「Googleカレンダー」アプリを使用してみましょう。
タスクを実施できる時間をアプリが自動検知して組み込んでくれます。

  1. 「Googleカレンダー」アプリを起動してください。

    画面右下に表示されている「プラスアイコン」をタップしてください。

  2. 右下にメニューが表示されます。

    「ゴール」をタップしてください。

  3. 「ゴールの選択」という画面が表示されます。

    入力したいタスクに近い項目をタップしてください。

    ここでは、「運動」タスクを追加してみます。

  4. 「運動を選択」から、該当する項目をタップします。

    指定したい項目がここに見当たらない場合は「カスタム」をタップし、タスク内容を入力してください。

  5. 頻度を設定します。

    頻度は週指定するか「その他」をタップして月指定してください。

  6. どの程度の時間を確保するのか設定します。

  7. 都合のいい時間帯を指定します。

  8. 設定しているこのタスクと、ヘルスケアアプリの連携ができます。

    連携をする場合は「接続」をタップしてください。

    しない場合は「スキップ」をタップしてください。

  9. 週1回、15分のウォーキングタスクが設定されました。

 

まとめ

いかがでしたか?

外出先ではスマホを利用する機会も多いですよね。

スマホで「Googleカレンダー」を確認するときには、慣れているブラウザ版を使うという方も、
ぜひ一度スマホ版で、今回ご紹介した小技を試してみてください。

YouTube 副業無料講座 お金や時間、場所にとらわれない、 新しいライフスタイルを実現