WPユーザー必見!サイトの引越しを3ステップで完了できる「All-in-One WP Migration」

サイト運営にWordPressを利用している方が多くなってきました。
このサイトもWPで運営しています。

最初はシンプルに始めても、運営が長くなると引越しが大変ですよね。

今回は、WPの管理画面からたった3ステップの操作でサイトの引っ越しが完了する
プラグイン「All-in-One WP Migration」をご紹介します。

 

「All-in-One WP Migration」を使ったWordPress引越しの手順

 

「All-in-One WP Migration」をインストール

管理画面のプラグインページから検索し、「All-in-One WP Migration」を有効化します。

「All-in-One WP Migration」の利用には、
引越し前・引越し先の両方に
WordPressと「All-in-One WP Migration」がインストールされている必要があります。

プラグインからデータをエクスポートし、インポートするために必要な作業です。
準備として済ませておきましょう。

 

データをエクスポートする

  1. 元サイトの管理画面から、「All-in-One WP Migration」を開き、
    エクスポート画面を表示してください。

    エクスポートしないファイルを選択できますが、
    特に問題がなければ、Webサイトを構成しているファイルを一式まるごとエクスポートするといいでしょう。

  2. 「エクスポート先」と書かれたリンクをクリックしてください。
    「ファイル」を選択します。

  3. ファイル一覧情報を取得後、ダウンロードボタンが表示されます。
    ※設置しているURLによってファイル名が変わります。

    クリックし、ファイルをエクスポートしてください。

 

エクスポートしたデータを引越先でインポートする


  1. 引越し先サイトの管理画面から、「 All-in-One WP Migration」を開き、
    インポート画面を表示してください。
  2. エクスポートしたファイルを

    ・ドラッグ&ドロップでアップロード
    ・ファイル選択でアップロード

    どちらかの方法でインポートします。

  3. 読み込みが完了すると、

    The import process will overwrite your database, media, plugins, and themes. Please ensure that you have a backup of your data before proceeding to the next step.

    というアラートメッセージが表示されます。

    これからインポートファイルをデータベースに上書きするので、
    データベースのバックアップを取ってあるか確認してください、
    という内容です。

    「PROCEED >」ボタンをクリックしてください。

  4. ファイルがインポートされ、ログイン画面が表示されます。
    ログインし、元のサイトの内容が反映されているかどうか確認してください。

 

まとめ

いかがでしたか?

接続環境や元サイトのデータ量にもよりますが、
プラグインをインストールした後はあっという間に終了します。
想像していたよりも、ずっと簡単だったのではないでしょうか。

引越しの際には、ぜひ試してみてくださいね。

YouTube 副業無料講座 お金や時間、場所にとらわれない、 新しいライフスタイルを実現