手軽!社内で情報共有しよう~おすすめクラウド名刺管理ツール11選

もらった名刺を見たいけれど、会社や自宅に置いてきてしまったという経験はありませんか?

そんなときは、あらかじめクラウド系名刺管理ツールに登録しておくと便利です。
出先からも確認できますし、社内で共有もしやすくなりますよ。

今回は、クラウド系名刺管理ツール・サービスをご紹介します。

クラウド名刺管理ツールのメリットとデメリット

クラウド名刺管理ツールは、名刺に印刷されている連絡先等をスキャンし、データ化してクラウドに保存します。

クラウド名刺管理ツールのメリット

  • 荷物にならない
    名刺をデータ化することで、物理的に持ち歩く必要がなくなります。
    打ち合わせなどの際には、身軽に出かけられます。
  • 検索が可能
    OCR機能(名刺をスキャンし、文字情報に置き換える機能)があるツール・サービスを利用すれば、検索も簡単になります。
  • 社内で共有できる
    アカウントとパスワードがあれば誰でも見ることができますので、
    社内で情報を共有しやすくなります。

 

クラウド名刺管理ツールのデメリット

  • 情報を正しく処理できないことがある
    クラウド名刺管理ツールでは、OCR機能(名刺をスキャンし、文字情報に置き換える機能)やAI(人工知能)を利用して情報を作成します。
    このとき、誤った情報を読み込むことがあります。
    その場合、手動で訂正する必要があります。
  • 個人情報が流出する可能性
    クラウドを利用する以上、有事の際には個人情報が流出する可能性もあります。
    信頼できるサービスを選ぶようにしましょう。

名刺をクラウド管理するにはメリットだけでなく、デメリットもあります。
特徴を押さえて、賢く利用したいですね。

 

クラウド名刺管理サービス11選

料金は2019年1月時点のものです。

 

Evernote Scannable


https://people.wantedly.com/

 

  • 料金:無料
  • モバイルアプリ:〇
  • スキャン:-(画像のみ)

Evernoteの文書用スキャンアプリ。iphone、ipadのみ対応。

 

Cardful


https://www.sourcenext.com/product/ios/use/i_use_000832/

 

  • 料金:無料(初回30枚+月10枚まで)、アップグレード1.400円で無制限
  • モバイルアプリ:〇
  • スキャン:OCR

Evernoteと連携して利用できる、ソースネクスト社製のアプリ。

 

WANTEDLY PEOPLE


https://people.wantedly.com/

 

  • 料金:無料
  • モバイルアプリ:〇
  • スキャン:AI

求人情報メディア「WANTEDLY」から生まれた名刺管理ツール。

 

Eight


https://8card.net/

 

  • 料金:無料(有料プラン:月額480円/年額4,800円)
  • モバイルアプリ:〇
  • スキャン:AI+Salesforce手入力

 

Sansan


https://jp.sansan.com/

 

  • 料金:見積り+スキャナ代(10,000円/台・月)
  • モバイルアプリ:〇
  • スキャン:AI

 

CAMCARD BUSINESS


https://www.camcard.jp/business/

 

  • 料金:月額1,400円~(1ID)
  • モバイルアプリ:〇
  • スキャン:OCR+人工補正(有料オプション)

 

連絡とれるくん


https://phoneappli.net/

 

  • 料金:初期費用+月額300円(1ユーザー)
  • モバイルアプリ:〇
  • スキャン:AI

無料トライアルあり。

 

SmartVisca


https://products.sunbridge.com/products/smartvisca

 

  • 料金:初期費用50,000円+年額9,600円~(960枚まで)
  • モバイルアプリ:〇
  • スキャン:OCR+人工補正

Salesforce上で名刺を管理します。

 

スカイデスク


https://www.skydesk.jp/ja/

  • 料金:月額3,150円~(5ユーザー)
  • モバイルアプリ:〇
  • スキャン:OCR+人工補正(有料オプション)

顧客の属性ごとに異なる内容のメールマガジンを配信する機能あり。

名刺バンク


https://www.inet-datacenter.jp/dream_cloud/meishi_bank/

  • 料金:従量制課金
  • モバイルアプリ:〇
  • スキャン:OCR+人工補正(有料サービス)

無料トライアルあり。

名刺de商売繁盛


http://www.yamato-meishi.jp/

  • 料金:月額30,000円(20万枚以上で追加料金)
  • モバイルアプリ:〇
  • スキャン:手入力+オペレーター入力(有料オプション)

ヤマトシステム開発株式会社のサービス。

 

まとめ

いかがでしたか?

持ち運びのしやすさはもちろん、
個人で管理するよりも、クラウドサービスを利用し、社内で情報を共有したほうが企業の利益になります。

仕事のスタイルに合わせて、サービスを検討してみてください。

YouTube 副業無料講座 お金や時間、場所にとらわれない、 新しいライフスタイルを実現