活用!Googleカレンダーの使い方解説~基本と便利な機能

「Google(グーグル)カレンダー」を利用したことはありますか?

「Googleカレンダー」は、Googleが提供するスケジュール管理ツールです。
一言で説明するなら、web上で閲覧・予定を追加変更できるカレンダーで、
Gmailアカウントを持っていれば、誰でも無料で利用できます。

アカウントを連携すると予定を共有できますので、
最近では個人での利用だけでなく、企業のスケジュール管理でも活用されています。

今回は、Googleカレンダーの基本的な使い方と、
よく使う便利な機能をご紹介します。

初めての方は戸惑うこともあるかもしれませんが、
慣れてしまえばとても便利なツールです。

この解説で基本を押さえ、活用の第一歩を踏み出しましょう!

Googleカレンダーとは

「Googleカレンダー」は、Googleが提供するスケジュール管理ツールです。
ブラウザ版のほか、iPhone、Android版のアプリも用意されています。

Gmailアカウントを持っていれば、誰でも無料で利用できます。

自分の予定を登録することはもちろん、他ユーザーとスケジュールを共有できます。
ToDoリストを作成したり、予定を色分けして登録できるほか、
Googleマップなどの、Googleが提供する他のサービスとも連携が可能です。

 

Googleカレンダーの使い方:基本編

カレンダーの見方

  1. メニュー
    ここをクリックすると、左カラムの月表示やコマンドの表示・非表示を切り替えられます。
  2. 今日の予定を表示
    ここをクリックすると、「今日」の予定を表示します。
  3. 前の日/次の日の予定を表示
    クリックすると、左が1日前、右が1日後の予定を表示します。
  4. 検索
    過去に入力した予定を表示します。
  5. Googleカレンダーの設定
    言語やタイムゾーン、予定を入れる際の時間区切り、
    カレンダーの表示設定(週の始まりとする曜日、辞退した予定の表示等)
  6. 表示の切り替え
    日・週・月・年とカレンダー表示を切り替えます。

 

  1. 予定の作成ボタン
    クリックすると、予定を入力できます。
    予定の入力は、右カラムの予定表やカレンダーからも可能です。
  2. 月表示カレンダー
    1か月分のカレンダーが表示されます。
    日付をクリックすると、右カラムにその日の予定が表示されます。
  3. 月の切り替え
    (7)で表示する月を切り替えます。
    左をクリックすると前の月へ、右をクリックすると次の月を表示します。
  4. カレンダーを追加
    新しいカレンダーの作成、既に作成されているカレンダー等の追加を行います。
  5. マイカレンダー
    自分の予定やToDoリスト等の中から、カレンダーに表示する予定を選びます。
  6. 他のカレンダー
    地域の祝日や、予定を共有していたりする場合に表示する予定を選びます。

 

  1. 日付
  2. 時間
    クリックすると、その時間に予定を入力できます。
  3. アドオン
    登録したアドオンが表示されます。
    Google Keep(メモ機能)や、ToDoリストを登録すると便利です。

 

予定の登録

  1. ブラウザを起動し、Googleカレンダーを開きます。
  2. 予定を登録したい日、または時間帯をクリックします。
    今回は、「30日、12:00」に予定を入れてみましょう。
    左カラムのカレンダーから、30日をクリックします。
  3. 右カラムに30日のスケジュールが表示されますので、
    「12:00」の部分をクリックします。
  4. スケジュールのタイトル、時間を入力するウインドウが開きます。
    入力し、「保存」をクリックしてください。

    内容はあとからでも変更・削除が可能です。


  5. 予定が入力されました。

 

予定の変更

カレンダーに登録した予定の変更や、詳細を追加入力するときには、以下の操作を行ってください。


  1. 入力済みの予定部分をクリックしてください

  2. 再度、タイトルや時間を入力するためのウインドウが開きます。
    鉛筆のアイコンをクリックしてください。

  3. より詳しい予定を入力する画面が開きます。1)予定の詳細画面へ
    2)予定を削除
    3)ゲストに予定内容をメールする
    4)オプション。印刷、予定の複製や公開、予定の主催者を変更できます。

予定の削除


  1. 入力済みの予定部分をクリックしてください。
  2. 再度タイトルや時間を入力するウインドウが開きます。

  3. ごみ箱のマークをクリックすると、予定を削除できます。

 

マイカレンダー、他のカレンダーの削除

  1. Googleカレンダーの画面右上にある「設定メニュー」(歯車マーク)をクリックし、
    「設定」を選択してください。
  2. 「設定」画面が開きます。左カラムに表示されるマイカレンダー、他のカレンダーの一覧から、
    削除するカレンダーをクリックします。
  3. 「カレンダーの削除」をクリックしてください。
    カレンダーが削除されます。

Googleカレンダーの便利な機能

予定の繰り返し設定

毎週、毎月など、決まった日時で行われる予定を「繰り返し」に設定できます。

  1. 予定を登録したい日時をクリックして、「その他のオプション」を選択してください。
    既に登録されている予定を定例に変更する場合は、
    予定をクリックして「編集」(鉛筆マーク)をクリックしてください。

  2. 「予定の詳細」画面が開きます。
    「繰り返さない」をクリックしてください。
  3. 「カスタム」を選択します。

  4. 繰り返す間隔、曜日、終了日などの繰り返し条件が設定できます。
    設定したら、「完了」をクリックしてください。
  5. 「予定の詳細」画面に戻ります。
    (3)で設定した内容が反映されているかどうかを確認し、「保存」ボタンをクリックしてください。

 

予定の繰り返し設定の編集~特定の回だけ変更する

定例の予定が、特定の回だけ日時が変更になった場合、
予定を変更したい日時にドラッグ&ドロップすれば日時が変更されます。

 

予定をその回だけ削除したいときも、
特定の日時を選択して「予定の削除」をクリックすることで削除が可能です。

削除する場合、他に定例の日時も削除するかどうか確認メッセージが表示されます。

 

予定の繰り返し設定の編集~特定の回以降から全てを変更する

定例の予定を、特定の回以降からすべての日時を変更したい場合は、
以下の手順を参考に変更を行ってください。

  1. カレンダーの予定を選択して「予定の編集」をクリックしてください。
  2. 「予定の詳細」画面から日時を変更後、「保存」をクリックしてください。
  3. 「定期的な予定の編集」メッセージが表示されます。
    「これ以降のすべての予定」を選択し、「OK」をクリックしてください。

まとめ

いかがでしたか?

Googleカレンダーの基本的な使い方と、便利な機能をご紹介しました。

使ってみると意外に簡単で、重宝します。
操作方法の基本を押さえて、効率的に予定を把握しましょう。

YouTube 副業無料講座 お金や時間、場所にとらわれない、 新しいライフスタイルを実現