ノマドワーカーのメリットとデメリット

「ノマドワーカー」をご存知でしょうか?

「ノマド(nomad)」は、英語で「遊牧民」「放浪者」を意味する単語です。

元々は「定住せず、移動しながら暮らす人」を意味しますが、
近年は「時間と場所にとらわれない働き方、そうした働き方をする人」という
使われ方をするようになりました。

こうした働き方をする人を「ノマドワーカー」と呼んだり、
「ノマドする」というように、動詞として使用することもあります。

日本でこのノマド概念が広まり始めたのは2010年前後のことで、
インターネットが大きく発達したことも要因です。

今回は、この「ノマドワーカー」についてご紹介します。

フリーランス、コワーキング、フリーアドレスとの違い

オフィスに机と椅子が用意されているが、オフィス以外の場所での作業を許可されている、
企業に所属しているが、オフィスに決まった机がなく、オフィス以外で仕事をする、
フリーランスとして受けた仕事を、あちこち移動しながらこなす…

どんな形であっても、「時間と場所にとらわれない働き方」をしている人なら、
誰でも「ノマドワーカー」といえるでしょう。

気を付けたいのは、「フリーランス」「コワーキング」「フリーアドレス」と「ノマド」の混同です。

 

フリーランスとの違い

「時間と場所にとらわれない働き方」をするノマドに対し、
フリーランスは「自分のスキルで企業や個人と契約をし、仕事をする人」で、
いわゆる自営業です。

 

フリーランスの中にも、オフィスに常駐する人がいますので、
「ノマド」=「フリーランス」とは言い切れません。

 

コワーキングとの違い

コワーキングとは、事務所などの作業場所を共有し、
それぞれが独立した仕事をこなすスタイルを指す言葉です。

 

コワーキングスペースを利用する人たちの中にはノマドワーカーもいますが、
在宅勤務をしている企業所属者もいますので、こちらも一概に
「ノマド」=「コワーキング」とは言い切れません。

コワーキングスペースは、似たような働き方をする人同士が
情報交換をする場所でもあります。

最近はノマドワーカーやフリーランスのために、
有料のコワーキングスペースも増えてきています。

ノマドワーカーに便利な設備を備えている場合も多いので、
メリハリのある働き方をするための選択肢として、
コワーキングスペースの利用を検討してもいいかもしれません。

 

フリーアドレスとの違い

フリーアドレスとは、社員が個人用の机を持たないオフィススタイルを指します。

 

オフィスに出社した社員は、空いている机で作業をすることになります。

ノマドワーカーに必要なもの

ノマドワーカーとして働くために必要なものをご紹介します。

 

設備

ノマドワーカーとして働くために必要なものとして、
まずパソコンとインターネット回線が上げられます。

ワーカーによっては、これらの設備を複数用意しています。
故障したときや、移動して仕事をする場合に利用します。、

 

知識

ノマドワークを行う際に発生する問題には、基本的に自力で対応しなければなりません。
パソコンやソフト操作などの仕事をするにあたり必要な基礎から、
インターネット接続、関連機器などの知識も時には必要になります。

また、フリーランスとして働く場合には、
企業所属の場合には分担して行っていた仕事を一人でこなす必要があります。
その場合、営業・経理・総務や情報システムなど、必要な知識は多岐に渡ります。

 

心構え

ノマドワーカーの最大の利点である「時間と場所にとらわれない働き方」は、
一見魅力的ではありますが、高い自己管理能力が求められるスタイルです。

いつでも・どこでもできるということは、自分できちっと線引きをしないと
ダラダラと長時間仕事をしてしまうことにもなりかねません。

仕事とプライベートの時間をわけにくくなった結果、
体調を崩したり、納期を守れなかった人もたくさん見てきました。

ノマドスタイルで仕事をする場合、自分なりの働き方ルールを設けるのも一つの手です。

ノマドワーカーのメリット

ノマドワーカーという働き方のメリットについて考えてみました。

 

経費節減

まず挙げられるのは、経費の削減です。

  • オフィスを持たない(固定費がかからない)
  • 私服で過ごせる時間が多い(スーツ代がかからない)
  • ノマド先が住居と近ければ、通勤費を削減できる

などが考えられます。

時間が有効活用できる

これがノマドワーカーにとって、いちばん大きいかもしれません。

通勤時間の削減や、連絡待ちの隙間時間で用事をこなしたり、
自分の能力に合った速度で作業を進められるでしょう。

また、実際の仕事量=収入になれば、働いた実感が得られやすくなります。

職種によっては、気分で場所を移動できることも刺激になりますし、
天候や交通機関の影響も受けにくくなります。

ノマドワーカーのデメリット

メリットを強調されることが多いノマドワーカーですが、
一方でデメリットももちろんあります。

高い自己管理能力が必要

先にも書いた通り、ノマドワーカーは高い自己管理能力を求められます。

社会人の中には、仕事をする場所である会社へ決まった時間に行くことで、
しっかり仕事ができている人もいることでしょう。

ノマドワーカーは、いつ・どこで仕事をするのか自分で決められます。
それは、自分で決めなくてはいけないということでもあります。

セキュリティ面の不安

また、公共の場を仕事場として利用する場合には、
環境が整えられたオフィスとは違い、セキュリティ面の不安があります。

インターネットのセキュリティはもちろん、
仕事に必要な資料などの置忘れ、通りがかりの覗き見にも気を付ける必要があります。

資料やデータが入ったUSBなどの置忘れは、毎年、情報漏洩の原因の上位にランクインしています。

また、電話や打ち合わせが必要な際には場所を選びますし、
自分のオフィスを持たないことで、打ち合わせで有料施設を借りたりすれば経済的負担も増えます。

 

社会的な信用

ノマドという働き方が広まり、働きやすくなった部分がある一方で、
駆け出しのノマドワーカーも増えています。

経験が少ない期間は誰にでもあることですが、一部の「にわか」のせいで、
信用度が下がってしまった部分があることも否めません。

社会人の大半は、まだまだ非ノマドワーカーです。
ノマドワーカーとしてのスタイルを大切にしつつ、
周囲への配慮や、理解を求めていくことを忘れずに働きたいですね。

ノマドワーカーの可能性

現在の社会人の大半は非ノマドワーカーですが、
ノマドという働き方は、ワーカー自身だけでなく、
社会的にプラスの影響を与える可能性が大いにあります。

ノマドワーカーが増えることで、

  • 通勤時の渋滞緩和
  • オフィスでの光熱費等の削減
  • 出産・育児をしながらでも自分のペースで仕事を続けられる → 男性の育児参加、女性の更なる社会進出の機会増加、出生率低下の防止

などにも効果があるかもしれません。

まとめ

ノマドワーカーの大まかな現状と、メリット・デメリットをご紹介しました。

日本には、肩書などの形や名前にこだわる文化が根強く残っています。
ノマドワーカーが労働の形の一つであると十分に認知されるためには、
法的補助や企業サポートを得るなど、しっかりとした地位を確立していく必要があります。

個人的・社会的な現状を念頭に置き、
ノマドワーカーとしてやっていけるかどうかを考えましょう。

YouTube 副業無料講座 お金や時間、場所にとらわれない、 新しいライフスタイルを実現