初心者にも簡単!Gmailアプリの使い方と基本設定

格安スマホの普及で、Gmailのアドレスをメールアドレスとして使う人が増えています。
大手から乗り換えたという方も多いのではないでしょうか。

Gmailには、キャリアが提供していたメーラーとは違った機能や使い方があるため、
初めて使う場合、戸惑うかもしれません。

今回は、Gmailアプリの基本機能と設定についてご紹介します。
画面はiphone 6Sです。

 

メールの新規作成、送信

まずは、基本的な動作であるメールの新規作成、送信、返信、添付をご説明します。

 

アプリを起動してください。
「メイン」である受信トレイを開くと、右下に鉛筆のアイコンがありますので、タップしてください。

メール作成画面が開きます。

「To」に宛先のメールアドレスを入力します。

直接入力のほか、メールアドレスや送信先の名前の頭文字を入力すれば、
Gmailの連絡先に保存されているアドレスの候補が表示されます。

また、右端のカッコをタップすると、「Cc」「Bcc」欄が表示されます。
必要に応じて使用してください。

件名と文章を入力して、右上の「紙飛行機」のアイコンをタップすると、メールが送信されます。

 

受信したメールに返信する

届いたメールを開いて、差出人名右横の「メニュー」アイコンをタップします。

画面下部にメニューが表示されますので、「返信」を選んでください。

返信メール作成画面が開きます。
返信内容を入力し、右上の「紙飛行機」のアイコンをタップすると、返信が送信されます。

 

ファイルを添付する

メール作成画面を開きます。

右上の「クリップ」のアイコンをタップします。

画面下部に、写真やGoogleドライブの内容が表示されます。
添付したいファイルをタップします。

これで添付完了です。
右上の「紙飛行機」のアイコンをタップすると、メールを送信できます。

署名を付ける

メール末尾によく見かける、名前などの連絡先を「署名」と呼びます。

この署名を、メール作成・返信時に自動で挿入する方法をご紹介します。

メイン画面の左上にある「メニュー」アイコンをタップしてください。

メニューが開きます。下部にある「設定」をタップしてください。

設定画面が開きます。自分のメールアドレスをタップしてください。

「署名設定」をタップしてください。

「モバイル署名」をオンにします。
署名を入力できるようになりますので、記載したい情報を入力してください。

これで設定は完了です。
予め、メモ帳などで署名の内容を作成しておき、コピペするとスムーズです。

メールのアーカイブ

削除はしたくないけど、受信トレイをすっきりさせたい・メールを見えなくしたい
という場合、メールを「アーカイブ」しましょう。

アーカイブしたいメールを左右どちらかにへスライドさせます。

特にメッセージなどは表示されませんが、メールが受信トレイに表示されなくなります。

アーカイブされたメールを見るには、左上のメニューをタップします。

表示されたメニューから「すべてのメール」を選んでください。
アーカイブされたメールも合わせ、全てのメールが表示されます。

アーカイブしたメールを受信トレイに戻す場合は、
戻したいメールを開き、右上の「メニュー」アイコンをタップすると
画面下部にメニューが表示されます。

「受信トレイに移動」を選ぶと、受信トレイにメールが再度表示されるようになります。

ラベルでメール管理

メーラーのように、メールをフォルダ分けしたいと思う方も多いでしょうね。
そんなときには「ラベル」という機能を利用します。

ラベルを作成し、メールにラベルを設定すると、
ラベルごとにメールを表示できるようになります。

このラベルの作成は、PC版Gmailの管理画面から行います。

右上の歯車アイコンをクリックしてください。
メニューが表示されますので、「設定」をクリックしてください。

ページ内にさらにメニューが表示されます。「ラベル」を選んでください。

予め用意されているシステムラベルのほか、
ページ中ほどに「新しいラベルを作成」ボタンがあります。
このボタンをクリックし、使いやすいラベルを作成してください。

ラベル名を入力し、必要があれば「下位にネスト(=親カテゴリを設定)」できます。
「作成」をクリックし、完了します。

これで、ラベルごとにメールを管理できるようになります。
メーラーのフォルダ管理に近いイメージです。

 

スターを付ける

重要なメールや、返信の優先順位が高いメールには
目印(=スター。お気に入り)をつけることができます。

メイン画面のメール一覧・右側にある星マークをタップすると、目印がオンになります。

スターをつけたメールを参照する場合には、左のメニューを開いてください。
「スター付き」をタップすると、スターを付けたのメールがすべて表示されます。

 

迷惑メールの設定

gmailには迷惑メールの自動判別機能がありますが、
それでも迷惑メールが完全にゼロというわけにはいきません。

迷惑メールをリストに追加すると、
次回以降、自動的に迷惑メールとしてラベリングしてくれます。

メールを開いてください。
右上にある「サブメニュー」のアイコンをタップします。

画面下部に表示されたメニューの中にある「迷惑メールを報告」を選択すると、
そのメールアドレスを自動的に迷惑メールへラベリングします。

次回以降、同じアドレスから送信されたメールは
自動的に迷惑メールのラベルに移動されます。

 

まとめ

PCやスマホなど、アカウントを登録した端末でいつでも送受信できるGmailは
非常に魅力的なwebメールサービスです。

一部独特の機能がありますが、概念を理解してしまえば、
従来のメーラーと同じ感覚で利用できます。

ぜひ使ってみてください。

YouTube 副業無料講座 お金や時間、場所にとらわれない、 新しいライフスタイルを実現