アフィリエイト初心者のための確定申告/白色と青色の違い

アフィリエイトやポイントサイト等のネットビジネスで利益が出た場合、
税金を自分で申告し、払っていかなければなりません。

というのも、会社に勤めたり、クライアントから仕事を発注された場合、
通常は源泉徴収という形で雇用主から所得税が支払われますが、
ネットビジネスは自営業にあたります。

自営業者が、今年はいくら収入があったか、
収入を得るために使った金額はいくらかを
目に見える形にし、申告するのが「確定申告」です。

確定申告をきちんと行わないと、
過去に遡って多額の税金を国税庁に要求される可能性があります。

今回は、ネットでお金稼ぎをする際の税金(確定申告)について、
白色申告青色申告の違いを
初心者でもわかるように説明します。

ネットビジネスで納税の義務がある人とは

・仕事を持っている人(サラリーマン・アルバイト等)
→年間20万円以上の副収入で所得税が発生

・仕事を持っていない人(主婦・学生・無職等)
→年間38万円以上の副収入で所得税発生

1月1日から12月31日までの1年間にネットでお金を稼いだ際の税金は、
確定申告という形で、毎翌年3月15日までに
自分から、所轄税務署へ申告します。

上記以下の金額である場合は、税務署への申告は不要です。

月平均、
・有職:15,000円
・無職:31,000円
を稼げるようになったら、確定申告を意識するようにしましょう

 

所得とは何か

所得、経費、控除……確定申告する際によく使われる言葉ですが、
あまりなじみのない方も多いかもしれません。

<所得税にまつわる言葉の意味>

所得 1/1-12/31までの1年間の全収入から経費を引いた金額
課税所得 所得から控除をひいた金額。最終的な所得税の課税対象となる
経費 ASPの手数料、ドメイン・サーバー代など、ネットビジネスのために消費したお金
控除 配偶者控除、扶養控除、社会保険料控除など

収入-経費=所得」となります。
経費として指定できるお金が多ければ、所得を減らすことができますが、
アフィリエイトで経費として処理できるものはさほど多くはありません。

<経費として換算できる例>
・支払手数料…ASPやポイントサイトでの換金時に必要となる手数料
・通信費…サーバー、ドメイン代、インターネット接続料等の通信費
・図書研究費…情報商材やネットビジネス関連書籍

これらの経費を拡大して解釈していくと、
家賃や水道光熱費なども経費になりえますが、
それらの計算は按分比率などにより複雑になりがちで、
経費となるかどうかはケースバイケースですので、ここではいったん省きます。

アフィリエイターとして専業でやっていけるほど稼げている人や持ち家がある人等、
経費をもっと計上し、所得の削減をもっと的確におこないたい場合は、
税務署に相談の上、慎重に申告を行ってください。

所得金額が大きい場合は、税理士に依頼するのも一つの解決方法です。

また、所得税を減らすために、経費以外にも控除が重要となります。

結婚している、子供などの扶養家族がいる等、
自分の状態によって該当する控除が異なります。
どのような控除があるのか、事前に調べておくとよいでしょう。

収入-経費=所得」「所得-控除=課税所得」と計算し
課税の対象となる所得を算出します。

いちばん最初に書いた通り、確定申告は
年間20万円以上(無職は38万円以上)の収入ではなく所得がある場合に
所得税が発生し、申告の義務が生まれます。

ですが、確定申告に慣れていない場合は特に、
経費の金額に関係なく、収入自体が20万(38万)を超えた時点で、
確定申告を行うことをおすすめしたいです。

白色申告と青色申告、どちらがいい?

個人が確定申告をする方法には、白色申告青色申告の2種類があります。

白色申告はアフィリエイト収入が副業レベルの人や確定申告初心者、
時間をかけずに簡単に納税をおこないたい場合におすすめです。

青色申告は目安として、
年間200~300万円以上のネット副収入がある、
ネットビジネスだけで生計を立てられる人に特におすすめです。

また、青色申告は複式簿記というやや複雑な記帳が必要な代わりに、
65万円の特別控除があります。
簿記・経理の知識がある、多少面倒でも払う税金を減らしたい、
というガッツがある人にも青色申告はオススメです。

白色申告は誰でも行えますが、
青色申告は所轄の税務署に承認申請書の提出が必要です。
この申請書は、申請を行いたい年の3月15日までに提出する必要があります。
一度申請すれば、その後はずっと青色での申告となります。

この承認申請書を期限までに提出できなかった場合は、白色での申告となります。

 

まとめ

ネットビジネスで収入を得た際の税金を申請する方法について、
簡単にご説明しました。

まずは年間の副収入が20万円を越えたら、
白色申告を行うところから始めれば大丈夫です。

所得額が上がっていくようであれば、
青色申告を検討してもいいかもしれませんね。

税金は定められた期間内に支払わないと、追徴金が発生します。
早め早めに準備をし、自分で申告するようにしましょう。

不明点は税務署に質問できますし、
自治体によっては、毎年確定申告が近くなると税務署が税務相談会を開くこともあります。

締めるところはしっかりと締めて、
気持ちよくネットビジネスで稼ぎましょう。

YouTube 副業無料講座 お金や時間、場所にとらわれない、 新しいライフスタイルを実現