OBS Studioで動画にテロップ・テキストを表示する方法

動画に、お知らせや注意事項、現在の状況を伝えたいときなどに
テロップを入れられると便利ですよね。

ゲームの実況などに便利な「OBS Studio」でも、
テロップ(テキスト、文字、字幕)を表示させることができます。

今回は、「OBS Studio」でのテロップを表示について解説します。

 

OBS Studioでテロップを表示する方法

1)
「ソース」の「+」をクリックしてください。
「テキスト (GDI+)」を選択します。

2)
名前をつけて、「OK」をクリックしてください。

3)
「テキスト」のプロパティが開きます。

「テキスト」欄に、表示させたい文字を入力します。

「OK」をクリックしてください。

4)
文字の表示位置を調節したい場合は、
プレビュー画面のテキストをドラッグしてください。

6)
入力したテキストを変更したい場合は、ソースをダブルクリックしてください。

プロパティが開きます。

フォントの種類・サイズの変更

フォントの変更

1)
フォントの種類を変更したい場合には、
ソースの「テキスト (GDI+)」をダブルクリックしてください。

プロパティが開きます。

2)
「フォントを選択」をクリックしてください。

3)
お使いのPCにインストールされているフォントが選択できます。

フォントを選択したら、「OK」をクリックしてください。

文字サイズの変更

1)
フォントの種類を変更したい場合には、
ソースの「テキスト (GDI+)」をダブルクリックしてください。

プロパティが開きます。

2)
「フォントを選択」をクリックしてください。

3)
「Size」からフォントの大きさを変更できます。

4)
初期設定の「36」では文字がぼやけて見えることが多くなります。
最大の「72」に設定しておくと防ぐことができます。

5)
設定が終了したら、「OK」をクリックしてください。
画面が閉じます。

6)
赤い罫線(バウンディグボックス)の辺や角をドラッグしても
文字の大きさを変えることができます。

一連の作業を行ってもまだ文字が小さい場合は、この方法を試してください。
ただ、あまり大きくしすぎると文字がぼやけて見えます。

 

文字色の変更

文字色の変更

1)
文字の色を変更したい場合には、
ソースの「テキスト (GDI+)」をダブルクリックしてください。

プロパティが開きます。

2)
「色を選択」をクリックしてください。

3)カラーパレットが開きます。
色を選択したら、「OK」をクリックしてください。

プロパティに戻ります。

グラデーションをかける

文字色にグラデーションをかけることができます。

1)
文字色にグラデーションをかける場合には、
ソースの「テキスト (GDI+)」をダブルクリックしてください。

プロパティが開きます。

2)

このとき、この画面のように、
「グラデーション」が表示されていない場合は、
「ファイルからの読み取り」にチェックを入れてください。

すると、以下のようにプロパティの内容が細かくなります。

3)
中央にある「グラデーション」にチェックを入れてください。

「グラデーションカラー」の「色を選択」から2色めの色を選んでください。
必要があれば、「グラデーションの不透明度」や「グラデーションの方向」を調整してください。

4)
もし、入力した文字が表示されなくなってしまった場合には
「ファイルからの読み取り」のチェックを外してください。

 

輪郭の表示

1)
輪郭を表示する場合には、
ソースの「テキスト (GDI+)」をダブルクリックしてください。

 

プロパティが開きます。

2)

このとき、この画面のように、
「輪郭」が表示されていない場合は、
「ファイルからの読み取り」にチェックを入れてください。

すると、以下のようにプロパティの内容が細かくなります。

3)
中央のバーを下へスライドすると、「輪郭」コマンドがあります。
チェックを入れると、「輪郭」のための設定が表示されます。

「輪郭のサイズ」は、境界線の太さを指します。
「輪郭の色」で、輪郭線の色を変更できます。

4)
もし、入力した文字が表示されなくなってしまった場合には
「ファイルからの読み取り」のチェックを外してください。

 

背景の上に文字を重ねる

文字が見辛い場合、背景(テロップベース)を作ると視認性が向上します。
2種類の方法をご紹介します。

 

テキストのプロパティから背景を作る

1)
ソースの「テキスト (GDI+)」をダブルクリックしてください。

プロパティが開きます。

2)

このとき、この画面のように、
「境界線」が表示されていない場合は、
「ファイルからの読み取り」にチェックを入れてください。

すると、以下のようにプロパティの内容が細かくなります。

3)
「背景色」の「色を選択」をクリックします。

4)
カラーパレットが開きます。
色を選択したら、「OK」をクリックしてください。

5)
「背景の不透明度」のスライダーを右に移動してください。
「100」だと完全に不透明、「0」に近くすれば、背景が透明に近くなります。

設定が完了したら、「OK」をクリックしてください。

6)
このように、文字に背景がつきます。
背景の面積は、文字の大きさに依存します。

色ソースを利用する

「テキストのプロパティ」を用いる方法よりも自由に背景をデザインしたい場合は、
色ソースを使用します。

色ソースは四角形の図形です。この上に文字を重ねます。

1)
「ソース」の「+」をクリックし、「色ソース」を選択してください。

2)
「ソースを作成」ウインドウが開きます。
名前を付け、「OK」をクリックしてください。

3)
「色ソースのプロパティ」が開きます。
「色を選択」をクリックしてください。

4)
カラーパレットが開きます。
色を選択し、「Alpha channel」で透明度を決定します。

設定が終了したら、「OK」をクリックしてください。

5)
ソース一覧で「色ソース」をドラッグし、
「テキスト (GDI+)」よりも下の位置に持っていきます。

OBSの「ソース」は、このソース一覧番に重なっています。
ソースを重ねる順番を変え、文字が背景よりも手前になるように調整します。

6)
プレビュー画面上で「shift」キーを押しながら、
色ソースの赤い枠線(バウンディングボックス)の角や辺をドラッグし、
大きさや位置を調節してください。

このとき、「shift」キーを押さずに色ソースをドラッグすると、
アスペクト比(縦横比)が維持されたまま大きさが変わります。

形を変えずに大きさだけ変えたいという場合には、
「shift」キーを押さずに変更してください。

7)
テキストと色ソースを同時に移動したい場合、
「Ctrl」キーを押しながら、ソース一覧にあるソースをクリックしてください。

その後、プレビュー画面上でドラッグし、位置を調整します。

文字のスクロール

文字を横に流すことができます。

リアルタイム感が強調され、視聴者に強い印象を与えることができます。
ここぞというときに利用してみましょう。

文字のスクロール方法

1)
まず、テキストのソースを追加します。

追加したテキストの上で右クリックし、「フィルタ」を選択してください。

2)
フィルタ画面が開きます。

左下の「+」をクリックし、「スクロール」を選択してください。

3)
「フィルタ名」ウインドウが開きます。
名前を決め、「OK」ボタンを押してください。

スクロールの設定

1)
今回は文字を右から左に流します。

「水平速度」のスライダーを右に移動してください。

速度を遅くしたい場合は15~30、速くしたい場合は140以上を目安に設定してください。

2)
文字をスクロールさせた場合、入力した文字列が連続で表示されます。
そのままではせわしないので、「間」を作りましょう。

テキストのソースをダブルクリックし、プロパティを開いてください。

3)

このとき、この画面のように、
「境界線」が表示されていない場合は、
「ファイルからの読み取り」にチェックを入れてください。

すると、以下のようにプロパティの内容が細かくなります。

4)
プロパティの下のほうにある「テキスト領域の範囲を指定する」にチェックを入れてください。
「折り返す」のチェックを外します。
入力されている数字よりも大きな数字を「幅」に入力してください。

最後に、「OK」をクリックしてください。

このとき、もし「テキスト領域の範囲を指定する」設定をしても
うまく動作しない場合は、フィルターのスクロール範囲を狭くしてください。

「幅を制限する」にチェックを入れ、より小さな数字を「幅」に入力してください。

最後に、「OK」をクリックしてください。

スクロール中に文字がガクガクする際の対処方法

文字のスクロールがスムーズにいかない場合は、
上部メニューの「ファイル」→「設定」→「映像」を選び、
「FPS 共通値」を「60」にすると直ります。

ただ、これは不具合ではありません。
「FPS 共通値」を「60」に設定すると、
環境によってはゲーム配信中にPCの動作が重くなってしまうことがあります。

その場合は、初期設定の「30」に戻しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
「OBS Studio」で、テロップを表示させる方法についてご説明しました。

テロップを使用して、視聴者へ効果的に情報をアピールしましょう。

YouTube 副業無料講座 お金や時間、場所にとらわれない、 新しいライフスタイルを実現