初心者必見!無料の「PhotoScape X」で写真加工~ぼかし編

写真編集機能をふんだんに搭載した写真編集ソフト「PhotoScape X」は、無期限で無料使用が可能です。
初心者ブロガーにはとても嬉しいですよね!

今回は、そんな「PhotoScape X」を実際に使った、画像の加工方法を説明します。

 

「モザイク」とは

「モザイク入れ」はいわゆる「マスキング」のことです。
画像の特定箇所に適用させ、見せたくない情報を隠すために用います。

「モザイク」タイル状のマスクで、こちらの画像のような加工になります。

「モザイク」によるマスキング

マスキングにはこの「モザイク」や、「白抜き」「黒抜き」など
様々な手法がありますが、
「ブラー」という、画像をぼやかす加工方法を用いると、
他の手法より比較的目立たずに、マスキングができます。

「ブラー」によるマスキング

「モザイク」よりも、「ブラー」のほうが、ぱっと見たときに自然な感じがしませんか?

というわけで、今回は、「PhotoScape X」で、画像に「ブラー」をかけてみましょう。

PhotoScapeXで画像にぼかし加工をする

1)上部メニューから、「写真編集」を選びます。

2)フォルダと写真を選択します。

画面が切り替わります。

3)右上のサブメニューから「道具」を選びます

4)「ぼかし」を選択します

5)
ブラシの「サイズ」や「優しさ」を調整して、
ぼかしの強さを決めます。

6)
ぼかしをかけたいところにブラシを乗せます。

こんな感じになりました。

まとめ

「PhotoScape X」を使って、写真のボカシ処理について解説しました。

ブログ等に使用する写真に、見せたくない情報や人が映り込むことはよくあります。
使えない! と諦めるのではなく、画像を加工して解決しましょう。

今回のポイントを押さえておくと、長く使える技になります。

ちょっとした工夫で、より楽しいネットライフを送ってください。

YouTube 副業無料講座 お金や時間、場所にとらわれない、 新しいライフスタイルを実現