OBS Studioを利用してゲーム録画をする方法

OBS Studioには、ローカル録画機能があります。

OBSは本来、録画用のソフト(アプリ)ではなく、
Youtubeやツイキャスなどでライブ配信をする際に使うソフトですが、
その録画機能を使うと、PCゲームのプレイを録画できます。

今回は、録画機能の使い方を紹介します。

「OBS Studio」のダウンロードとインストール、基本操作は
下記の記事をご覧ください。

初心者にもわかる!OBSを使用したYOUTUBEライブ配信方法【画像多め】

録画の準備

プレイを録画するまえに、録画に必要な設定をしておきます。

「設定」をクリックします。

 

「出力」タブの設定

「出力」タブを開き、画質と音質の設定をします。

・「出力モード」を「詳細」に切り替えます。
・「録画」タブを開き、「種別」が「標準」になっていることを確認します。
・「録画ファイルのパス」で、「参照」をクリックして動画の保存先を設定します(ここに動画データが保存されます)。
・「録画フォーマット」を「mp4」にしておきます。
・「エンコーダ」を「x264」にしておきます。
・「レート制御」を「CRF」にします。
・「CRF」を「20」にします(数字が小さいほど高画質になります)。

この「出力」タブ内にある「音声」は特に変更する必要はありませんが、確認しておきましょう。

「出力」タブ内「音声」タブを開きます(「録画」タブ右横)。
「トラック 1」の「音声ビットレート」が「160」になっていることを確認します。

 

「音声」タブの設定

「音声」タブで音声関係の設定をします。
PCから出る音や、マイクの音を動画と一緒に録る設定です。

マイクは、3.5mmステレオミニプラグ、USBマイクが使用できます。

・「デスクトップ音声デバイス」を「既定」にします。
・動画にマイクで声を入れる場合、使用するマイクを「マイク音声デバイス」で選択します。
・複数のマイクの音を入れたい場合は、「マイク音声デバイス 2」や「マイク音声デバイス 3」で選択しましょう。

 

「映像」タブの設定

「映像」タブの設定は画質に関係します。
ここでの設定が適切でないと、
録画した動画の文字が見づらくなったり、画質がぼけてしまうことがあります。

PCのスペックも考慮し、録画するものに合わせて設定を変更しましょう。

・「出力 (スケーリング) 解像度」を設定します。
・「基本 (キャンバス) 解像度」と「出力 (スケーリング) 解像度」を異なる設定にした場合、
「縮小フィルター」を「ランチョス」にします。
・「FPS 共通値」を「30」か「60」にします。
・「OK」をクリックして設定画面を閉じます。

これで、配信に必要な大まかな設定は終了です。

 

使い方

設定ができたら、ゲームを録画して画質や音質を確認してみましょう。

 

1)PCゲームを録画する場合は、先に起動しておきます。
ウィンドウモード、フルスクリーンモード、どちらでもOKです。

2)「+」アイコンをクリックし、「ゲームキャプチャ」を選択してください。

3)ソースに名前を付け、「OK」をクリックします。

4)「フルスクリーンアプリケーションをキャプチャ」を選択し、「OK」をクリックしてください。
画面をPCゲームに切り替えると、OBSのプレビュー画面に映像が映ります。

5)OBSにゲーム画面が映らない場合は、
「モード」で「特定のウィンドウをキャプチャ」を選び、
「ウィンドウ」でPCゲームを選択します。

画面を取り込めたら、「OK」をクリックして設定画面を閉じましょう。

7)「録画開始」をクリックします。

8)録画を終了するときは「録画終了」をクリックします。

9)
録画した動画を再生し、中身を確認しておきます。
上部メニューの「ファイル」→「録画を表示」で、動画の保存場所を開きます。

 

録画で重要な3種類のソース

ゲームを録画するときに重要になるのは、以下の3種類です。

 

・ゲームキャプチャ
・ウィンドウキャプチャ
・画面キャプチャ

基本的にはゲームキャプチャを選択すれば大丈夫です。

ただ、ゲームキャプチャで録画できないゲームもあります。
その場合は、ウィンドウキャプチャや、画面キャプチャを使いましょう。

ソース 説明
ゲームキャプチャ 基本はこれでOK
ウィンドウキャプチャ ウィンドウを録画する
画面キャプチャ デスクトップ画面に映っているものを録画する

 

リプレイバッファーの使い方

リプレイバッファーは、遡って動画を保存できる機能です。
録画を停止したときから遡って動画を保存することができます。

録画を停止すると、そこから遡ってあらかじめ指定しておいた時間だけ(例:10秒間)
動画を保存してくれます。

ゲーム実況で頻繁に使う機能ではありませんが、
特定の瞬間だけを録画し、編集で複数の動画をまとめたいとときなどに便利です。
通常の録画と、リプレイバッファーを同時に行うこともできます。

 

設定方法

設定画面から、「出力」タブでリプレイバッファーを有効にします。

1)「設定」→「出力」タブの順にクリックしてください。
2)「リプレイバッファー」タブを開きます。
3)「リプレイバッファーを有効にする」にチェックを入れます。
4)「最大リプレイ時間(秒)」に任意の時間を入力します。

つぎに、「ホットキー」の設定をします。
「ホットキー」とは、動画を保存するときに使う、自分で設定したショートカットキーのことです。

1)「ホットキー」タブを開きます。
2)「リプレイバッファー開始」「リプレイバッファー停止」の「+」キーをクリックし、任意のキーを設定します。
3)「OK」をクリックします。

リプレイバッファーを開始した後にホットキーを押すと、
キーを押すまでの最後のX秒間が保存されます。

 

便利な機能

設定しておく・利用すると便利な機能をご紹介します。

ホットキー

いわゆるショートカットキーです。
設定しておくと、録画の開始・終了など、よく使う機能をボタンで操作できます。

ホットキーの設定は、「設定」→「ホットキー」タブで可能です。

出力タイマー

「出力タイマー」は、一定時間録画後、自動で録画を停止します。

メニューの「ツール」→「出力タイマー」から、「録画停止の時間設定」に任意の時間を入力しましょう。

プロファイル

録画するゲームごとにOBSの設定を変えたい場合は、プロファイル機能を使います。
解像度やビットレートなどの設定を手軽に切り替えられます。

カーソルの非表示

カーソルを録画したくない場合は、
ソースをダブルクリックしてプロパティを開き、「カーソルをキャプチャ」のチェックを外します。

ゲーム音・マイク音の調整方法

ゲームの音量調整

ゲームの音量は、PCゲームのオプション設定から調整するといいでしょう。
この場合、自分がプレイ中に聞いているBGMの音量と同時に、
動画に収録されるBGMの音量も変化します。

自分がゲームプレイ中に聞いているBGMの音量はそのままで、
動画に録音されるBGMの音量を変えたい場合は、
OBSの「デスクトップ音声」を調節し、録画を開始しましょう。

何回か録画を繰り返し、ちょうどいい音量を見つけてください。

 

マイクの調整

OBSの「マイク」のスライダーは最大にしておきましょう。

OBSの「フィルタ機能」を利用してマイク音量を上げることもできますが、
音質はよくありませんので、他に方法がないときのみの使用をおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたか?

録画した動画を見ると、なんだかワクワクしてきますよね。
あなたのプレイを、ぜひネットで配信してください。

YouTube 副業無料講座 お金や時間、場所にとらわれない、 新しいライフスタイルを実現