初心者にもわかる!OBSを使用したYOUTUBEライブ配信方法【画像多め】

OBS Studio」をご存知でしょうか。
YOUTUBEなどのライブ配信サイトで使用できる、無料の配信用ソフトです。

このソフトを利用すると、
ゲームや雑談、カラオケなど、種類を気にすることなく簡単に動画をネット配信できます。

「OBS Studio」は各種ライブ配信サイトに対応しています。
特にYouTube LiveやTwitchには標準対応、
もちろん、ニコニコ生放送(以下ニコ生)、ツイキャスなどでも配信可能です。

今回は、Windows版の操作をご説明します。
(ソフト自体はWindows、MacやLinuxに対応しています)

 

OBSのダウンロードとインストール

https://obsproject.com/ja

1)公式サイトにアクセスし、「Windows」をクリックしてください。

2)ダウンロードしたファイルを、ダブルクリックして実行します。

3)画面を順に進めていきます。「NEXT」をクリックしてください。

4)

「自動構成ウィザード」を実行するかどうかの質問は、
「はい」と「いいえ」のどちらでも大丈夫です。
後から変更できますので、よくわからない場合は「いいえ」を選びましょう。

「いいえ」を選ぶと、このようなウインドウが表示されます。
「OK」をクリックしてください。

5)
これで、OBSのインストールは完了です。

起動後の画面です。

 

使用時の流れ

本格的な使用前に、
配信する際の全体的な流れを確認しておきましょう。

あとで操作が理解がしやすくなります。

 

視聴者に見せる画面の決定

まず、視聴者に見せたい画面を決めましょう。

ゲーム画面、作業しているソフト、PCに保存してある画像・動画などを
OBSに設定します。

これを「ソースの追加」といいます。

 

画質・音質の設定

画質・音質を設定します。

配信サイトの仕様や回線速度、PCスペックを考慮して決めましょう。
あまり高くなくても、視聴する側は意外と楽しめてしまいます。

 

放送設定

「放送設定」とは、OBSから配信サイトに接続するための設定のことです。

この設定を行わないと視聴者は配信を見ることができません。

YOUTUBEでの配信であれば、OBSは標準対応しています。
(Twitch、Mixer(旧Beam)にも対応)

ニコニコ生放送やツイキャスは、サービス別に設定を確認する必要があります。

配信の開始

準備が整ったら、OBSの配信開始ボタンをクリックします。
ライブ配信が始まり、映像・音声がネット上に公開されます。

ソースとは

ゲーム画面、画像、動画など映像を配信するためには、
「ソースを追加」する必要があります。

ソースとは、視聴者に見せたい画面や映像のことです。
ソースを追加しないと、真っ暗な画面を配信することになってしまいます。

「+」をクリックして設定します。

 

OBSで選択できるソース

OBSで選択できるソースは、おおよそこのような感じになっています。
(OBSのバージョンやPC環境によって異なる場合があります)

ソース  重要度 説明  備考
ブラウザ
ウィンドウキャプチャ ウィンドウ画面を配信 ゲーム配信でも使用
ゲームキャプチャ PCゲームなどのプレイを配信 ゲーム配信で使用
シーン
テキスト 文字(字幕)を表示
メディアソース PCに保存されている動画を表示
映像キャプチャデバイス Webカメラ、キャプチャーボードの映像配信 ゲーム配信で使用
画像 PCに保存してある画像を表示 雑談配信などで使用
画像スライドショー 画像をスライドショーで表示
画面キャプチャ デスクトップ画面を配信
色ソース 背景の色を変える、画面を隠す
音声入力キャプチャ
音声出力キャプチャ

最初は意味が分からないかもしれませんが、
何ができるのかをこの表で確認しておきましょう。

 

ソースの追加

実際にソースを追加してみます。

今回は、PCに保存してある静止画像を追加してみましょう。

1)
「ソース」欄の「+」をクリックし、「画像」を選択してください。

2)ソースに名前をつけて「OK」をクリックします。

4)このようなウィンドウが表示されます。

「参照」をクリックし、視聴者に見せる画像を選択します。

5)

画像が表示されたら「OK」をクリックします。

表示されない場合は、フォルダ名とファイル名を
半角英数字にして再度選択してみましょう。

6)

画像がOBSのプレビュー画面に表示されます。
プレビュー画面に表示されているレイアウトで配信されます。

場合によっては、画像のサイズ・位置を変更する必要があります。

 

ソースの操作

見た目を整えましょう。
ソースを移動し、サイズを変更します。

 

選択可能なソース

操作可能なソースは赤い線で囲われています。

OBSのプレビュー画面上で、移動・サイズ変更したいソースをクリックします。

 

ソースの移動

ソースを移動するには、プレビュー画面上のソースをドラッグします

拡大・縮小する

拡大・縮小するには、プレビュー画面上のソースの辺や角をドラッグします。

 

ソースを画面に合わせて表示する

ソースを画面に合わせて表示する場合は、
ソースを選択している状態(赤い枠で囲われている状態)で、
右クリック後「変換」から「画面に合わせる」を選択します。

なお、この操作は「Ctrl」 + 「F」キーでもできます。
慣れてきたら、ショートカットキーを使うと便利です。

画面が見切れてしまっている場合は、一度画面に合わせて表示させましょう。
ソースを選択した状態で右クリックし、
「変換」→「画面に合わせる」の順にクリックします。

それでも直らない場合は、ソースを右クリックして
「プレビュースケーリング」→「ウィンドウサイズにスケーリング表示」の順に
クリックしてください。

 

ひとつの画面内に複数の画面を配置する

ひとつの画面内に複数の画面を配置したい場合は、ソースを複数追加します。

すると、PinP(Picture in Picture)、ワイプとよばれる画面構成にできます。

ソース一覧の上に位置するソースが、
プレビュー画面では手前(前面)に表示されます。

画面を入れ変えるには、ソース一覧にあるソースを上下にドラッグします。

 

ソースのサイズや位置を固定する

ソースのサイズ・位置を固定したい場合は、
鍵のアイコンをクリックすると、ソースがロックされます。

 

ソースの非表示・削除

ソースを非表示にしたい場合は、ソース横にある目のアイコンをクリックします。

不要なソースは削除するとPCの負担を軽くすることができます。
マメに削除する癖をつけましょう。

ソースを削除するには、ソースを選択して「-」アイコンをクリックします。
ショートカットキーは「Delete」キーです。

「Ctrl」キーや「Shift」キーで、まとめてソースを選択して削除することもできます。

不具合が起きたときは、一度ソースを削除するようにしましょう。

 

ウィンドウキャプチャーで画面を視聴者に見せる方法

ゲーム配信では、配信者のPCに映っているゲーム画面を視聴者に見せます。
これは「ウィンドウキャプチャー」機能を使用します。

1)配信したい画面をウィンドウで表示します。
ウィンドウ画面を取り込むコマンドであるため、フルスクリーンには対応していません。

PCゲームを配信する場合は、ウィンドウモードでゲームを起動します。

TVゲームを配信する場合は、キャプチャーボードにゲーム機を接続し、
キャプチャーソフトにゲーム画面を表示します。

2)

「+」アイコンをクリックし、「ウィンドウキャプチャ」を選びます。

4)

ソースに名前をつけ、「OK」をクリックします。

5)

視聴者に見せたい画面を「ウィンドウ」で選択し、「OK」をクリックします。

 

ゲーム画面のキャプチャー方法

1)PCゲームを起動します。
ゲームキャプチャーの場合、ウィンドウモード・フルスクリーンモード、どちらでも大丈夫です。

2)

「+」アイコンをクリックし、「ゲームキャプチャ」を選択します。

3)

ソースに名前をつけ、「OK」をクリックします。

4)

PCゲームをフルスクリーンで起動している場合は、
「フルスクリーンアプリケーションをキャプチャ」を選択し、
「OK」をクリックしてください。

画面をPCゲームに切り替えると、
OBSのプレビュー画面に映像が映ります。

画面の切り替えは、「Alt」 + 「Tab」キー でも行えます。

5)
ゲームをウィンドウモードで起動している場合や、
「フルスクリーンアプリケーションをキャプチャ」でうまく映像が映らない場合は、
「モード」を「特定のウィンドウをキャプチャ」にし、
「ウィンドウ」でPCゲームを選択します。

「OK」をクリックしてください。

 

画面キャプチャーの方法

画面キャプチャーは、PCのデスクトップ画面を配信したいときに使用します。

1)

「ソース」の「+」アイコンをクリックし、
「画面キャプチャ」を選択してください。

3)

名前をつけて「OK」をクリックしてください。

4)
デスクトップ画面が表示されますので、「OK」をクリックしてください。

画面キャプチャーでは、任意の範囲を選択することはできません。
不要な部分は、「クロップ」を使って削ります。

 

クロップで不要な部分を削る方法

不要な部分が映っている場合は、フィルターの「クロップ」を使用して
画面の端を削ります。

プレビュー画面のソースを選択した状態で、
「Alt」キーを押しながら辺または角をドラッグします。

クロップできない場合は、プレビュー画面のソース上で右クリックし、
「変換」から「変換をリセット」を選択して、一度変換を元に戻しましょう。

 

キャプチャーボードの映像を直接取り込む方法

キャプチャーボードをPCに接続している場合は、
キャプチャーボードが入力している映像や音声をそのまま取り込めます。

1)キャプチャーソフトを起動している場合は、終了してください。

2)

「+」アイコンをクリックし、「映像キャプチャデバイス」を選んでください。

 

3)

名前をつけて「OK」をクリックしてください。

 

4)設定画面の「デバイス」で「キャプチャーボード」を選択します。
「OK」をクリックしてください。

取り込んだ映像がOBSに映ります。

Webカメラの映像を配信する方法

PCに接続したWebカメラから映像を配信する場合の方法です。

1)

「ソース」の「+」アイコンをクリックし、
「映像キャプチャデバイス」を選んでください。

2)

名前をつけて「OK」をクリックします。

3)

「デバイス」でWebカメラを選択し、「OK」をクリックしてください。

初期設定では、Webカメラのアスペクト比(縦横比)は4:3に設定されています。
16:9にしたい場合は、設定で変更します。

4)ここからは、Webカメラのアスペクト比を変更する場合に参照してください。

追加した「映像キャプチャデバイス」をダブルクリックしてください。

5)

「解像度/FPS タイプ」で「カスタム」を選択してください。
「解像度」を「1280x 720」や「640x 360」に変更します。

「OK」をクリックすると、アスペクト比が変更されます。

まとめ

OBSは、一度感覚を掴んでしまえば簡単に操作できます。

この記事を参考に、ぜひあなたの動画を配信してみましょう!

YouTube 副業無料講座 お金や時間、場所にとらわれない、 新しいライフスタイルを実現