YouTube用のおすすめ録音マイク7選!

中身の面白さ以外に、
YouTube用動画を制作する上で大切なことは何でしょうか。

それは、「音質」です。

画質はそこまで重要視しなくても、
アクセスを集めることができます。

しかし、「⾳質」はとても重要です。
動画の音質が悪く、何を言っているのかわからない、
割れた音の動画を見る気にはなかなかなりませんよね。

⾳質は、動画制作において意識している人がまだ少ない項目です。
マイクをしっかりと選んでおけば、
今後のライバルとの差別化に繋がります。

今回は、YouTube用のおすすめ録⾳マイクをご紹介します。

ぜひこの機会にマイクの知識に触れて、
動画の質の向上に役⽴ててください。

 

YouTubeの動画の種類

YouTubeに投稿されている動画は、大きく2種類に分けることができます。

 

ライブ動画

ライブ動画とは、実際に何かを映して実況などをする動画です。
ヒカキンさんなどのYouTuber、ゲーム実況、対談などの動画です。

 

キャプチャー動画

キャプチャー画像をスライドさせていくものや、 デモンストレーションの動画です。
ナレーション等の音声は別撮りし、編集します。

 

ライブ動画用おすすめマイク

ピンマイク

ライブ動画でよく使われているタイプのマイクです。

ピンマイクは音源の近くで音を拾うため、比較的⾳質もクリアになり、ノイズも少なくなります。

ただ、服がこすれたりする音が入ってしまうことが多いです。
マイクや線がどうしても見えてしまうので、自然な雰囲気を出しづらくなりやすいです。

◆Rode SmartLav

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00EO4A7L0/

iPhoneに接続できるピンマイク。
価格も安いだけでなく、高音質で収録できます。

iPhoneでビデオを撮影しながらの収録はできませんので、
普通のカメラを用意するなどの工夫が必要です。

 

◆ソニー ワイヤレスマイクロホン ECM-AW4 C

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00HWGZST8/

ソニーのハンディカムなどで使えるワイヤレスマイクです。
こちらも近距離で音を拾いますので、ノイズも少なく良い音質で録音できます。

 

◆Sony UWP-D11

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00INCKEV2/

一番人気といわれているピンマイクです。
ノイズが少なく、使いやすいマイクです。

 

ショットガンマイク

指向性が高く、 集音部分を向けた方向の音を拾うマイクです。

 

出演者がマイクを持つ必要がないので、自然な映像を映す事ができるマイクです。
野外でも2m以内であれば、 きちんと音を拾います。

◆RODE VIDEOMICPRO

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00YAZHRZM/

ショットガンマイクを使用する場合、
風で発生するノイズを防止する「ウィンドジャマー」というアクセサリーを
一緒に購入することをおすすめします。
マイクに装着することで、 ノイズを少なくすることができます。

 

◆RODE DeadCat GO

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00JG8IBW6/

 

キャプチャー動画用おすすめマイク

コンデンサーマイク

◆ソニー ECM-PCV80U

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B005M2HDA6/

編集でノイズを取り除くと、かなりクリアな⾳質になります。

 

◆RODE Podcaster

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000JM46FY/

クリアに録音でき、聞き取りやすい音質にすることができます。
このマイクを使用する際には、下のスタンド、スタンドとマイク固定用部品もセットで使用してください。

 

◆RODE PSA1 Studio Arm

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00UHLREHO/

 

◆RODE サスペンションホルダー PSM-1

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01MR3CTQ3/

 

ヘッドセット型マイク

ヘッドセット型マイクは、マイクを側面から出すことができます。
パソコンなどの操作をしながら録⾳することが可能です。

ピンマイクと違い、激しく動いてもノイズが ⼊って来づらい作りです。
比較的値段も手頃です。

◆ゼンハイザー PCヘッドセット ヘッドバンド型片耳式/ノイズキャンセルマイク

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B006J3CKX2/

 

まとめ

動画制作の際、マイクを意識している人はまだまだ少ないのが現状です。
マイクの知識を持ち、使いこなせるだけでも差別化になります。

オリジナル動画に挑戦したり、動画の質をアップさせたい方は、
少しずつ機材も整えていくことをおすすめします。

YouTube 副業無料講座 お金や時間、場所にとらわれない、 新しいライフスタイルを実現