Facebookを使ってみよう!登録からログイン方法を解説【PC版】

日本でもお馴染みになってきた「Facebook」。

一度ユーザーと友達登録をしてしまえば、
投稿による見込み客や顧客へのアピール、
相互的な関係性を維持することができます。

Facebookは集客のためのツールの一つですが、
写真や動画を利用して、
自分自身を瞬時に、簡単に伝えることができるメディアは
他になかなかありません。

また、「Facebook」には、
「Facebook広告」と呼ばれるサービスがあります。

「Facebook」には、アクティブユーザーだけでも2,800万人います(2018年9月)。
この中から、ビジネスの顧客となりうるユーザーに広告を配信できます。

このように、「Facebook」には、SNSにも広告にも強みがありますが、
どちらのサービスを利用する場合にも、
「Facebook」に登録し、アカウントを作成する必要があります。

今回は、「Facebook」にPCから登録・ログインする方法を、
初心者の方にもわかりやすいよう、画像付きで説明します。

 

Facebookへの登録方法(PC版)

Facebookへ登録・アカウントを作成する

まずは、「Facebookアカウントの作成」というページにアクセスします。

このような画面が現れます。
右側の、基本情報を入力していきます。

・名前(姓名)
・携帯電話番号またはメールアドレス
・パスワード
・誕生日
・性別

名前について。
「必ず本名で登録しなければいけないのか」という疑問を持たれる方が多いかと思いますが、
これはハンドルネームなどの、本名以外の名前でも大丈夫です。

Facebook側が排除したいのは、偽名でスパム行為を行うようなアカウントです。
ですので、普通に使っていれば特に問題はありません。
ビジネスネームで登録されている方も大勢います。

全ての項目を入力し終えたら「アカウントを作成」をクリックします。

生年月日の確認画面が表示されます。
生年月日を再度確認の上「はい」をクリックします。

 

メールアドレスの認証

「メールアドレスを認証」という画面が表示されます。

これはいったん置いておいて、メールを確認しましょう。

先程登録したメールアドレスに確認コードが届ているはずです。
このメールの中にある、「認証」ボタンをクリックすると、
認証が行われます。

まれに認証が上手く行われない場合があります。
その際には、メール下部にある確認コードを、
先程表示されたwebページに入力し、「次へ」をクリックします。

なお、登録したメールアドレスがGmailの場合は、
「Gmailにログイン」をクリックすると、メールアドレスが認証されます。

 

Facebookに登録している友達を探す

無事に認証されると、登録しているアドレスに関連する知り合い候補が表示されます。

 

特に思い当たる人がいない場合・後から申請する場合は「次へ」をクリックします。
※この友達申請は後からでもできます。

既にFacebookに登録している友達を探すことができます。

アドレス帳に登録している友達が多い場合は、この機能を利用するといいでしょう。
この友達申請は後からでもできます。

ここでは「次へ」をクリックします。

最後にこの画面が表示されれば、Facebookに登録が完了しています。

 

Facebookのログイン方法(PC版)

Facebookへのログイン方法を確認しておきましょう。

Facebookにログインするためには「Facebookのログインページ」にアクセスします。

右上にある「メールアドレス」「パスワード」欄へ、
先ほど登録した情報を入力し「ログイン」をクリックします。

自分のアカウントページが表示されれば、正常にログインができています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

画像つきで見ると、意外に簡単ですよね。
ぜひ気軽に、Facebookを始めてみてください!

YouTube 副業無料講座 お金や時間、場所にとらわれない、 新しいライフスタイルを実現